売り上げを上昇させる|顧客管理システムを導入するメリットとは

紳士

外線と内線をつなぐ交換機

会社員

クラウド上でも利用可能

構内交換機と呼ばれるPBXは、会社内に設置することで、内線電話と外線電話を双方に使用可能にする装置です。小規模なPBXの場合は、ビジネスホンと呼ばれることもありますが、使用できる機能に制限が出てしまいます。大規模な交換機であれば、外線からの発着信の制御や不在の際の転送、短縮ダイヤル設定、外線から直接、内線番号の相手を呼び出せるようになる、などといった機能が使えるようになります。最近では、インターネットの普及によりクラウド上にPBX機能を持たせたクラウドPBXも人気となっています。PBXには、従来のものとIP電話を利用するもの、クラウド上に展開するものがあり、それぞれを比較することでメリットが生まれます。比較する際には、自社にとって何の機能が必要か、ということを見極めることが大切です。コールセンターのように複数の電話機で、一つの電話番号を共有したい、内線電話を多く使用したい、外線着信時に自動アナウンスを流したい、などと必要な機能をもった交換機を選びましょう。また、従来の交換機やIP電話利用の交換機と、クラウドPBXを比較した際、大きく異なる点があります。それはクラウドPBXには交換機の購入が必要ないということです。PBXの機能はクラウド上に展開されているので、自社で用意する必要はありません。そしてアプリを使用することで、会社にかかってきた電話を外出先の社員のスマートフォンに転送することが可能です。この際、転送料金はかからないのが特徴です。こうしたことから人気が上がっているクラウドPBXですが、セキュリティ面の強化は必要となります。PBXは、種類や機能の比較を十分にしたうえで、選択するといいでしょう。